いつまでも若々しくい隊がお届けするアンチエイジング情報

menu

10歳若く魅せるアンチエイジング

乾燥小じわや弛みの主な原因と解消法についてどのような種類があるか

  • 2016
  • 乾燥小じわや弛みの主な原因と解消法についてどのような種類があるか はコメントを受け付けていません。

年齢を重ねてもハリのある肌であり続けたいと言うひとなら、肝斑や弛み解消の肌ケアが必須です。

出先で鏡を見た時に、乾燥皺や緩みが増えていることにふと気付くことがあります。若い時の顏立ちと今を較べると、日光黒子や弛みが増えてしまった分、齢を取って見られるようになったと悩んでいる人もいます。

誰かと会う際、顔はまず最初に相手の目につく場所ですが、マブタが垂れ、眼のまわりがへこんでいると、実年齢より上に見られます。歳を取った印象に見られてしまう要因として、顔のラインがたるみの影響で丸みを帯びてみえることがあります。

実際の自分の年齢より歳を取った印象に見られやすくなる要因の1つとして、目じりや唇まわりに表情ジワが出来て、タルミが増えることにあるのです。太陽光を長期に渡って浴び続けていたり、食事の好みが著しく偏っていると、皮ふの弾力が弱まってしまうケースがあります。

近紫外線に肌が晒されてしまうと、肌はダメージを受け、ヒアルロン酸や体内の水分が皮下組織の中に閉じ込めておけなくなり、乾燥が起こる事によってハリやツヤが失われてしまいます。

頭からお顔へとつながる膚の血液の流れを回り易くする為に、顔のマッサージなどを習慣づけ、血の廻りを良好にし、血行不良を改善していくという対策も効果的です。

目もと周辺や、口もと、前額部、みけんetc、一人ひとりの顔の作りでも皺が出来やすい部分はいくつかあります。体の成り立ちや、日常生活、表情のくせなどからも、豊麗線に皺ができたり、縮緬ジワになったりします。

お肌に出来たシワや緩みを改善していくには、心理的ストレスを発散する事や、健康に気をつけた食事内容を心掛けていくこと、メイク落としや年齢肌対策を正しく行うことが肝心です。

関連記事

コメントは利用できません。

カレンダー

2017年8月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031